前へ
次へ

テレワーク推進用としてレンタル携帯を活用

会社に勤める人であれば朝に会社に出勤して仕事をし、夕方に仕事を終えて自宅に帰るのが日常になるのでしょう。
会社と言えばオフィス街にあるために多くの人は電車などを利用して通勤をしなければならず、人によっては通勤に毎日数時間かけていることもあるようです。
また家の事情によって毎日通勤することができず休みがちになる人もいます。
将来的にどんどん人が減ると言われている中で、会社側も従業員の働き方を考える必要が出てきています。
その中で注目されているのがテレワークと呼ばれる働き方です。
以前からもありましたが近年ネット環境が整うようになり導入する会社も多くなっています。
通常会社に通勤をして仕事をしますが、テレワークにおいては通勤が必要なくなり自宅などでパソコンを使って仕事をします。
ネットやウェブカメラなどを通じて他の社員とコミュニケーションを取りながら行えるので、事情があって通勤ができなかった人に対しても仕事ができる環境を用意できます。
ただすべての社員が自宅にネット環境があるわけではなく、すべての人が自宅できちんと仕事をしてくれるかはわかりません。
そこでテレワークを推進すべくレンタル携帯を活用するプランがあります。
レンタル携帯にはいろいろなタイプがあり、通話を主に行うガラケーやアプリも使えるスマホ、さらにパソコンでネット通信が行えるモバイルWi-Fiが利用できるときもあります。
レンタル携帯を使うことでより会社外での仕事がやりやすくなるでしょう。
普通に自分の携帯電話などを使うと通話料や通信料を個人が負担しなければならず、テレワークをする分社員に負担がかかる可能性があります。
レンタル携帯を法人契約して社員に貸与すれば料金は会社が負担でき社員に負担はかかりません。
営業社員であればガラケータイプのレンタル携帯で通話をメインにした利用をしてもらえますし、クリエイター系の仕事をしている人ならモバイルWi-Fiをレンタル携帯で利用してデータの送受信に使ってもらうと良いでしょう。

Page Top